お葬式で渡す香典とは?意味合いと相場を知っておこう

お通夜や告別式への参列時に持参する香典額の相場をご存じでしょうか。身内や近しい人の不幸は突然訪れます。いざというときに慌てないように、香典について多少の知識は仕入れておくようにしましょう。

香典とは、霊前に供える金品のことで、故人の遺族を経済的に援助する意味合いがあります。昔のお葬式では、遺族が近隣の住民に食事をごちそうする風習があり、経済的な負担が大きかったと言われます。そのため、食事は弔問客各自が持参するようになり、戦後になるとそれが金銭に変化したとされます。これが香典の由来です。通夜への参列時に渡すのが一般的ですが、急な不幸などで準備ができない場合は、告別式で渡しても特に失礼にはあたりません。

香典額については、故人との関係によって決まります。一般的な相場として、親は5万円から10万円、親戚だと1万円から5万円、仕事関係者や友人であれば5千円から1万円、顔見知り程度の仲なら3千円から1万円とされ、これをベースに年齢や立場によって微妙に変わります。過去に香典を受け取っている場合はその金額も参考にしたいところです。注意したいのは、香典額が多いほど良いわけではない点です。遺族とはいずれ香典のやり取りが再度あるはずですから、むやみに高額だと逆に負担をかけることになりかねません。地域によっては昔からの風習で決まっている場合もあるため、迷った場合は周りに相談してみるのも良いでしょう。

香典を渡すと香典返しを渡されるのが一般的です。最近ではお葬式当日にやり取りを済ませるケースが多く、額は香典の半分程度です。そのため、遺族側は香典額を5千円程度と想定してあらかじめ2千円から3千円程度の品物を準備しています。さらに、遺族はお酒や食事を準備したり、参列者への千円程度の返礼品を準備したりといった負担もあります。こういった事情まで踏まえると、香典額は最低3千円からが相場とはいえ、3千円だと遺族側に負担をかけることにもなりかねません。そのため、少なくとも5千円以上で考えるのが遺族への配慮と言えるでしょう。

お札の枚数にも配慮が必要です。昔からの風習で、香典のお札はすべて同じ種類で1枚、3枚、10枚のいずれか、金額は1・3・5・10のいずれかにするのが一般的です。最低額が3千円、その次は4千円を飛ばして5千円、次は1万円になります。4千円や2万円が失礼にあたるわけではないですが、基本的に使われないのが普通です。

新着情報

2018年08月09日
  ホームページを更新しました。